地域密着型の歯医者ならではの強みを押さえて歯の健康に繋げましょう

地域密着型の歯医者は地域への貢献を欠かさない傾向

より多くの人に歯の健康増進を図る活動とは

歯科医や衛生士の仕事は、患者さんへの歯科治療以外に多くの人が歯の健康増進を図るための普及活動も行います。不定期で自治体や企業主催の後援会を設けていたり、学校での歯科検診を設けたりしています。

例えば、各所で歯ブラシやフロスのような用具を用いた虫歯予防のコツや食育に関する講演があります。テーマに沿って話をする中で、虫歯予防の普及以外に歯科医や衛生士のスキルアップも可能。

歯医者の中には営業時間外に無料サロンを設けており、患者さんの悩みや疑問に歯科医や衛生士が答えます。地域密着型の歯医者であれば、コミュニティーの一環として活用する側面も。ただし、考えが合わない人は相手をしない場合や、思うような回答を得られないケースが生じかねません。自分に合わないと思った時は、サロンの参加や通院を控えましょう。

歯医者によっては訪問診療も行う

歯医者では通院によるサービス以外に、寝たきりの人や福祉施設入所者を対象に訪問診療をする所があります。開業医であれば利用時間やキャパは限られていますが、通院が難しい人には心強いサービスではないでしょうか。ちなみにサービス利用すれば、概ね治療費以外に交通費などの負担金が掛かります。

訪問診療では歯の治療や衛生面のアドバイスも行いますが、それによって自立支援の一環にもなり得ます。生活の質が増せば、誰もがwinwinの結果になります。

介護をする家族や職員にとっても、地域密着型の歯医者の歯科医や衛生士が来てくれると、安心感を抱けるはず。相談をして日頃の生活における悩みや疑問の解決ができたり、心理面の負担軽減もできたりすれば、質の高い介護へと繋がるでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ